着物の着付けを覚えてみよう

カテゴリ

コンテンツ一覧

2017年09月19日
日本文化の誇りである着物の価格についてを更新。
2017年09月19日
帯でシャンとね!を更新。
2017年09月19日
着物は日本の文化を更新。
2017年09月19日
着物の種類とはを更新。

ニュース

日本文化の誇りである着物の価格について

着物レンタルのメリット 毎年、成人式になると多くの女性が着物を着ています。 しかし、着物は持参し…

詳細

帯でシャンとね!

購入前に着物のアドバイスを受ける 着物のレンタルは、店舗を始めネットでも多くのお店が選べるようにな…

詳細

着物の着こなし方

着物をきちんと着こなした女性はとても素敵なものですが、一人で着物を着るのは大変なことです。大抵の場合は、式典などの特別な日に、美容室などで髪のセットと同時に着物を着付けてもらうという方がほとんどなのではないでしょうか。
しかし、近年では、若い女性にも人気のブランドが着物を発表したり、カジュアルでかわいいデザインの着物も多数発売されています。
ぜひ、普段にも着物をさっそうと着こなしてお出かけしてみたいですよね。着物を着る時に絶対に必要な着付けの技術。大抵の人はその技術を持っていないので、美容室などで予約をしてやってもらう必要があります。普段に気軽に着物を着こなすなら、ぜひ自分一人でも着物を着ることができるように、着付けの技術を身につけましょう。カルチャースークールや体験セミナーなどで気軽に着物着付け教室を受講することができます。一度覚えることができれば、それから先は一人で着物を着ることができるので、とても有意義な習い事です。
また、ファッションのレパートリーに着物が加わることはとても素敵なことです。大人の女性のたしなみとして、また、新しいファッションへの挑戦として、ぜひ着物の着付けを覚えてくださいね。

シーンに合った着物を着る

日本人にとって馴染み深い着物ですが、日常においては着る機会があまりないせいか、あまり詳しくないと言う方も少なくありません。着物とは一口に言ってもいろいろ種類があると言うのをご存知でしょうか。
たとえば、着物には正装用と普段着用とが存在します。その中でも正装用は様々な種類があるのです。正装用の着物としてもっとも着る機会が多いのは留袖ではないかと思います。留袖は祝いの席や格の高い席などで着るための着物です。ですが、ひとつ注意しておかなければならないのは留袖は既婚者の女性専用の着物だということです。つまり、基本的に未婚の女性は留袖の着物を着てはいけないのです。
また、黒以外の色のついた留袖は色留袖と言うのですが、こちらは未婚の女性が着ても大丈夫です。色留袖ももともとは既婚女性専用の着物でしたが、最近では既婚未婚関係なく着ることが増えているのです。また、逆に未婚の女性しか着てはいけない着物もあります。それは、振袖です。振袖といえば成人式です。
なので、多くの成人した女性は一度は振袖に袖を通したことがるのではないでしょうか。振袖は、最近では女性が結婚する年齢が上がってきたこともあり、未婚の女性の着物というよりは若い女性の着る着物というイメージです

1年以上経過した場合は、お仕立てご依頼前にメールまたはお電話にてお問合せ下さい。 安心のきものネット通販で実績13年返品無料です! 主力商品・サービスとして西陣織の着物や染め帯などがあり、お客様のさまざまなご要望にお答えするため、多数の着物をご用意しております。 保証書により5年間、表地・帯・小物、及び仕立て・加工・付属品の品質を保証します。 着物のことなら京都きもの市場へ