生酵素222は健康までの最短ルート

時間なんてかけていられない!そんなあなたに生酵素222

漢方薬の価格は保険適用なら3割ですみます

without comments

漢方薬は高いというイメージがあります。普通病院で出される薬には、医師の処方が必要でありますが、漢方薬店では、定価がありません。ものすごく高価な素材のものを使えば、確かに価格は高いでしょうし、手に入りやすい素材であれば、価格は安いでしょう。店で予算はいくらまでとあらかじめ提示をしておけば、その予算の範囲内で処方してくれる良心的な店もあります。一般的には、煎じ薬の場合は、1日分が400円から800円ほど、顆粒剤だと250円から500円ほどが相場でしょう。一か月分だとかなりの値段になるでしょう。しかしながら、もっと安い価格で手に入れる方法があります。それは漢方を取り扱っている医療機関で治療を受けることです。最近では、漢方薬を取り入れている医療機関が増えてきているので、そういった病院で受診をすればよいのです。診察の際、漢方を希望すれば、薬として処方してくれます。そうすれば、医師の処方による医療用医薬品としての保険が適用されます。よって薬代は、店頭で実際に市販される薬代の1割から3割ほどですみます。医療機関で処方された薬ならば、安心して飲むこともできるでしょう。また医療機関で漢方を処方してもらうと、診察と治療も同時に受けられるので、安心して治療に専念することも出来ます。

漢方薬に価格の違いがあるのは何故なのか

健康思考の現代で、サプリメントを摂取している人も多いでしょう。そんな中注目されているのが漢方薬です。緩やかに作用し、副作用がないのが特徴です。いわゆる、薬ではないので取り入れやすいですね。葛根湯を例にとれば、風邪の引き始めに効果を発揮します。風邪を引いて時間の経ったもの、高熱で汗をかいているときにはあまり効果がみられないので、市販の感冒薬と併用するとよいでしょう。風邪の引き始めに病院に行けない、病院が嫌いだという人にお勧めです。今ではドラッグストアでも購入できるので、取り入れやすいでしょう。さて価格のお話です。同じ葛根湯でも価格の差があるのは何故でしょうか。高いものは成分に漢方しか入っていません。安いものは漢方のほかに、市販の感冒薬の成分が含まれています。漢方以外の成分が気になる人は、高いものを。少しでも早く治したい、即効性を求める人は安いものでもよいと思います。純粋な漢方薬を少しでも安く手に入れたいのなら、病院での処方をお勧めします。最近では漢方薬を取り扱っている病院も多いです。取り扱っているか確認してから受診するといいですね。価格の差は成分の差です。自分に合ったものを見つけてくださいね。

Written by admin

1月 31st, 2013 at 5:08 am

Posted in