帯でシャンとね!

カテゴリ

コンテンツ一覧

2017年09月19日
日本文化の誇りである着物の価格についてを更新。
2017年09月19日
帯でシャンとね!を更新。
2017年09月19日
着物は日本の文化を更新。
2017年09月19日
着物の種類とはを更新。

購入前に着物のアドバイスを受ける

着物のレンタルは、店舗を始めネットでも多くのお店が選べるようになりました。しかし、出来れば着物に詳しくない方なら、店舗へまず足を運んでみることをおすすめします。なぜならば、やはり詳しい店員からのアドバイスを目の前で受けられるようになるし、着物の顔移りが良いかどうかもじっくりと試してみることが出来るからです。
しかも、着物のレンタルは洋服と違い着付けが出来ない場合には、その点も考えておかなくてはなりません。店舗であれば、目的により着付け師を派遣してくれるので、安心して着用することが出来るようになります。
ですから、レンタルする時には、こうした配送や着付け師の派遣まできめ細かく対応してくれる着物のレンタルを選ぶのが賢明です。また、着物のレンタルでは、店員とのコミュニケーションがうまく行くかどうかで選び方にも影響が出て来るので、好感度が良いと感じた店舗を選ぶと意思疎通がしやすくなります。
着用する前の準備、着付け、着用後の返却まで色々とお客様も気を使うことになるので、それらに対して出来るだけ不安なく行えるようにするためにもお話しやすい関係がきづける店員だと安心できるようになります。店舗によって置いている着物の傾向や個性があります。時間が許すのであれば、最低でも2か所は店舗を巡ってみるのが後悔しない選び方の一歩です。着用する日まで、そのためにもゆとりを持って探したいものですね。

ネットレンタルで失敗しない方法

店舗だけではなくネットでも多くの着物のレンタルを取り扱うお店があるので、利用をすることが気軽にできるようになりました。しかし、着物と言う性質上、着付けが出来ない方は着付け師を探しておかなくてはなりません。ネットでレンタルする場合には、その点も美容院などに手配を済ませておかなく段取りが必要になることを頭に置いておきましょう。
そして、ネットで着物をレンタルする際には、サイト上で好みで決めてしまうのは、失敗の原因になる可能性があります。着物に慣れている方ならそれもできやすいのですが、初心者はできるだけ目的や好みなどの情報をネットのお店に伝えておきましょう。スタッフは着物選びに精通しているのは確かですが、情報があればこその話です。電話対応でいろいろと相談に乗ってもらうこともできますが、電話ではその時の会話が情報としてすべて残るわけではないため、齟齬が生まれてしまうこともあり得ます。
できれば、メールで詳しい内容を情報として残すようにするように注意をしてみましょう。また、お客様側も着物のレンタルは準備するものや配送日時、返却期限など注意をしておかなくてはならない点がいろいろとあります。そのためにも、メールで伝達することは記録が残るのでとても役立つやり方になることを知っておきましょう。