着物の種類とは

カテゴリ

コンテンツ一覧

2017年09月19日
日本文化の誇りである着物の価格についてを更新。
2017年09月19日
帯でシャンとね!を更新。
2017年09月19日
着物は日本の文化を更新。
2017年09月19日
着物の種類とはを更新。

着物レンタルを利用する

普段、着物を着る機会はあまりないと思います。今の若い人たちは二十歳の成人式くらいでしか着る機会がないのかなと感じます。私は昔から着物が大好きで、祖母が普段から着ていたということもありすごく憧れていました。着物は高いので買うにも買えず、ただ眺めていることしかできませんでした。大人になり、いろんなところに旅行に行けるようになって迷わず京都に行くことを決めました。京都といえば和。いたるところに着物のレンタルがありました。
京都に行ったら着物を着て観光しようとずっと思っていました。なかなか着ることがないので少し柄は派手で、でも色は落ち着いていて大人っぽい着物をチョイスしました。着物を着て観光していると外国人に話しかけられ、写真を撮っても良いかと言われました。着物は外国人にとっても美しいと思えるものなのだということが分かり嬉しく思いました。外国人の方が着物を着てもとても可愛らしいと思います。
日本にとって着物というのは大切な文化の一つです。今の時代あまり着物を着るということはなくなってしまいましたが、昔はよく着物を着て生活していたのです。これからも日本ならではの伝統が無くならないよう、大切にしていきたいと思います。

着物を着ると姿勢美人になれる

着物を着て出かける人は昨今ではめっきり減ってしまいましたが、夏祭りや結婚式のお呼ばれでたまに着ると背すじグンと伸びたような気がしませんか?よく、着物を着ると苦しいとか疲れるとかネガティブな感想を耳にしますが、それはこの背中が伸びたような感覚と関係があるのです。
洋服だと背筋が曲がっていても猫背になってもそれと意識して過ごすことはほとんどありません。姿勢の悪さ習慣付いている人の背筋はどれくらいのものでしょうか。それが着物を着て帯を巻き、半ば強制的に背中をシャンと伸ばした姿勢を維持し続ける事を要求されたら…もちろん疲れてしまうのは言うまでもありません。
反面、着物に慣れてしまえば、この疲労を和らげてくれているのが帯である事に気付くはずです。胴に巻いた帯が上半身の重さを支えてくれているのです。苦しいからと緩く巻くより、補正を施した体にきちんと合わせて巻いたほうがむしろ体には楽なのです。
美しく豪華に刺繍された帯も、シンプルな装いの帯も、着物に華を与えると共に、私たちの姿勢を整え、かつそれを維持する手助けをしてくれているのです。背筋の伸びた美しいたたずまいは着物姿の憧れの一つです。はじめから形のできた簡単な帯も出回っていますが、苦しいからと敬遠せずにここはあえてきちんと巻くタイプの帯をセレクトしていただいて、帯でシャンとした姿勢をキープしてカフェでお茶などするのもいかがでしょうか。